Isao Yokoyama, LL.M.

President

明治学院大学大学院 法学修士


大学卒業後に就職した研修会社で、人材育成と営業職の面白さに目覚める。その後、外資系保険会社を経て、2008年にキャニング入社。キャニングの提供するトレーニングの質の高さ、外国人トレーナーやコンサルタントのプロフェッショナルな姿勢に強い感銘を受ける。以来、セールスコンサルタント、クライアントリレーションシップマネージャーとして、クライアントのニーズを満たすソリューションを提案。担当するプロジェクトのマネジメントに心血を注いできた。

英語スキル、コミュニケーションスキルは、キャニング入社後にキャニングのトレーニングとOJTを通して身に付けた。

2013年、代表取締役副社長に就任。2015年からは代表取締役社長を務める。

Michael Jones, MA (Cantab)

Talent Development Manager

英国 ケンブリッジ大学院 考古学・人類学修士
英国 リーディング大学院 英語教授法修士


豊富な経験を持つインターナショナルファシリテーター。さまざまな国のクライアントに多種多様なプログラムを提案する。

1995年から日本在住。これまでにグローバルビジネススキルの向上をサポートしたビジネスパーソンは、世界各国で5000人を超える。ソフトウェア開発、IT、製薬、保険、金融、海運、航空機などさまざまな業界における、新入社員から管理者まであらゆるキャリアのビジネスパーソンを対象とした、トレーニングプログラムの開発をリード。

異文化間コミュニケーション、チームビルディング、グローバルリーダーシップ育成に強い関心を持つ。トレーニングの参加者をインスパイアし、彼らのポテンシャルを最大化するファシリテーションを得意とする。ラーニング&デベロップメントに加え、多国籍チームを率いることに関しても豊富な経験を有する。

オンライン版日経新聞である「日経BPネット」にて、2年間に渡りコラムを寄稿。異文化コミュニケーション、リーダーシップ、グローバル化などをテーマとした120本以上の記事が掲載された。旅行と異文化を学ぶことに情熱を持ち、これまで訪問したことのある国は40か国以上におよぶ。日本以外ではフランス、デンマーク、タイに定住した経験がある。

Koji Okumura, Ph.D

Chief Consulting Officer

米国 ブリガムヤング大学 心理学修士 カウンセリング心理学博士


日本とアメリカで心理学、経済学を修める。心理アセスメント、心理カウンセリング、エグゼクティブコーチング、リーダーシップトレーニング、人材開発コンサルティングなど造詣が深い分野は多岐に渡る。

米国では、心理メソッドを広く活用した心理セラピーや心理学の研究に携わた後、1997年に帰国。産業心理学に焦点を当てた心理アセスメント、コンサルティング、エグゼクティブコーチング、リーダーシップトレーニングなどに従事。日本人としては初のSaville Assessment Wave認定トレーナー。

Sarah Everitt Furuya

Senior Consultant and Executive Coach

英国 アストン大学 人間心理学・生物学学士


大学卒業後、イギリスの大手飲料会社を経て、通信会社に入社。機密情報事務局の立ち上げに携わる。

2001年から日本在住。8年間携わった法人向け研修会社では、トレーニング&デベロップメントコーディネーターとして活躍。日本マイクロソフトを主なクライアントとして、グローバルコミュニケーションスキルのコーチングや、人事部へのコンサルティングサービスを提供。また、日本の教育機関で英語講師として過ごした4年間には、日本のビジネスパーソン特有のニーズを学んだ。

2012年にフリーランスでコーチングビジネスを開始。キャニングではシニアコンサルタント、エクゼクティブコーチとして活躍。主なクライアントは、自動車、スポーツ、テクノロジー、製薬など幅広い分野に身を置くビジネスパーソンや、国連で活躍するリーダーたち。あらゆる業界に対し、ワークショップ、リーダーシッププログラム、企画立案、プロジェクトへのアドバイスを提供する。

キャニングではダイバーシティ&インクルージョンや女性向けリーダーシッププロジェクトのアドバイザーを務める。その他にもキャニングのトレーナーを対象とした育成プログラム「STARプログラム」の運営管理、社内スタッフのコーチングや社員採用を手がけるほか、社内のリーダーシップチームのアドバイザーとしても活躍。

Yuji Oyama, MBA

Marketing Manager

立教大学大学院 経営管理学修士


カナダのバンクーバーへ留学後、友人のイギリス人とともに起業。その企業をバイアウトした後、日系通信企業に入社。一貫して新規事業推進のキャリアを歩む。特にBPR(Business Process Reengineering)コンサルティングのスキルを高く評価され、日系通信キャリア2社のプロジェクトに横断的に参画する。

キャニング入社後は、シニアコンサルタントとしてコンサルティングセクションの再構築に従事。現在は経営企画部にて、事業戦略とマーケティング戦略を策定する。キャニングにおける左脳的なポジションを担う。

Jennifer Shinkai, MA (Oxon)

Consultant

英国 オックスフォード大学 英文学修士


コミュニケーション分野において豊富な経験を持つ「ダイバーシティ&インクルージョン」のエキスパート。グローバルな環境で働くさまざまな国籍のビジネスパーソンにトレーニングを提供。効率的で働きやすい組織づくりに注力してきた。

日本に移住しておよそ20年。前職の大手人材会社では、ラーニング&デベロップメント、マーケティング、セールスオペレーションなど、さまざまな分野のマネジメントに従事。都内にある社員25人ほどの中小企業から、アジア太平洋7カ国で800人もの社員を有する上場企業まで、さまざまな規模の組織での経験を誇る。クロスカルチャーマネジメントで養ったユニークな洞察力が最大の武器。

女性の労働参加を推進することにも情熱を燃やす。管理職にある外国人ワーキングマザーをサポートするために創設した「LeanIn Circle」を運営。2016年6月には女性起業家をサポートするネットワーク「LeanIn Japan Entrepreneurs」を立ち上げる。

2016年のFEW Japan キャリア戦略セミナーではスピーカーを担当。ほかにもアクセンチュアとAIESECによるグローバルリーダーシッププログラムの一環で、日本の女子大学生に向けて「なぜお金は重要か」というテーマで講演を行った。

Krista Shelton, MBA

Talent Development Consultant

米国サウスカロライナ州立大学院ムーアビジネス学校 国際経営学修士


アメリカ、インディアナ州セイモア出身。イギリスとチェコ、日本において10年以上のキャリアを誇る。 マネジメントコンサルティング業界やIT業界において、人材育成、顧客管理、プロジェクトマネジメント、コンサルティングに従事。

早稲田大学と関西外国語大学で日本語と日本文化を学んだことから、日本の風土やビジネス環境にも精通している。

Saville Assessment Waveの公認資格者として、企業人事部のコンサルティングを行う。社風やポジションにふさわしい幹部候補者の見極めもサポート。Saville Assessment Waveの結果をもとに「個々の社員が元来持つモチベーションと能力が、ビジネスにおいてどのように影響するか」を理解するためのフィードバックも提供している。

異文化間で生まれる多様性を大切にしながら、高い生産性を誇るチームや働きやすい労働環境を築くソリューションを提案することを得意とする。

Reiko Yasuoka

Office Manager

Minerva Lardizabal, MBA

Senior Consultant

フィリピン セイントルイス大学電子工学 情報工学学士
グロービスビジネススクール 経営学修士


10年以上に渡ってさまざまな民間企業でキャリアを重ねる。その中で共通してきたテーマは「運営管理とトレーニングに関する専門知識の発展」。

スイスを拠点とする企業、Société Générale de Surveillance (SGS)に在籍していた当時は、東南アジアや南アメリカの10カ国以上におよぶ国々で、バックオフィス、監査、トレーニング提供などの業務に従事。フィリピン、パキスタン、カンボジア、日本でも、オペレーション管理や運営・顧客指向トレーニング提供、コーチングに携わる。ほかにもHS条約やWTO(世界貿易機関)関税評価などといった輸入貿易に関するトレーニングも担当。

日本では、SGSのトレーニングマネージャーとして活躍。社内の日本人スタッフに技術研修を担った。対人コミュニケーションスキルに関するトレーニングも提供。

フリーランスのトレーナー、ファシリテーター、コーチとしても活動範囲を広げ、2008年からキャニングに。英語、フィリピン語、フランス語の3カ国語を使いこなすトリリンガル。

Esarona Sapolu

Consultant

ニュージーランド オークランド大学 社会人類学学士


大学卒業後、カスタマーサービスや人材育成の分野においてキャリアを重ねる。主にヨーロッパや東南アジア諸国で、通信会社のソフトウェアプロジェクトにラーニングスペシャリストとして参加。

IT、物販、製薬をはじめとしたさまざまな業界に身を置くビジネスパーソンにトレーニングを提供して15年。英語でのコミュニケーションが必要な場で、人々が自信を持って働くためのサポートを続けてきた。

「人」との繋がりのなかで働くことを天職とし、あらゆるトレーニングにおいてクライアントひとりひとりと本物の信頼関係を築く。それによってクライアントが恐れずに挑戦できる状況を生み出してきた。

キャニングのトレーニングでは、日々のビジネスに役立つコミュニケーションスキルの習得をサポート。急速にグローバル化する社会を駆ける世界各国のビジネスパーソンを支えてきた。

Bryan Peterson, BA (Hons)

Corporate Trainer and Consultant

米国 ネブラスカ大学リンカーン校 英語学・心理学・哲学学士


大学在学中から、小売業ビジネスの共同オーナーとしてビジネスに携わる。大学で学んだ日本語と日本文化への理解をさらに深めるために日本に移り住み、すでに20年以上。行政機関、研究機関、製薬業界などに身を置くたくさんのビジネスパーソンにトレーニングを提供してきた。

この20年の間には、中国で1年間ビジネスを経験。中国語と中国文化を学ぶためにアメリカに3年間帰国したこともある。

2006年からはキャニングのトレーナーとして活躍。さまざまな業界のクライアントに、高品質なトレーニングを提供してきた。

トレーナーとして30年以上の経験を有する一方で、日本武道や中国武術のインストラクターとしても活躍。現在はボディアウェアネス(身体への気付き・意識)を自身のコミュニケーションスキルトレーニングに融合する方法を探求中。

Mana Tomitori

Consultant

米国NLP University プラクティショナーコース修了
チームフロー認定メンタルコーチ
上智大学文学部教育学科 異文化教育専攻


研修コンサルティング会社を経て、外資系のアパレル企業、および消費財メーカーの日本支社に在籍。8年以上におよぶ研修責任者としてのキャリアのなかでは、本国本社と日本支社の架け橋として、数々のグローバルプロジェクトに参画。現在は、国境を越えて自分らしく活躍したい個人やチーム、法人をエグゼクティブコーチという立場から精力的に支援している。

LVMHモエヘネシー・ルイヴィトンジャパン、ユニリーバ・ジャパン、ボッシュといった外資系グローバル企業での研修プログラムには定評がある。前職であるドイツのアパレル企業ヒューゴ ボスジャパンとは、現在でも外部コンサルタントとして関わり続けている。シリコンバレーとのつながりも強く、現地コンサルタントとともに、大手日本企業向けのグローバルリーダー育成プログラムに従事。

外資系企業の経営者、医療関係者、作家といった、さまざまなクライアントにコーチングを提供。女性リーダーの育成、グローバル人材の育成、個人のビジョンと目標の明確化など、ニーズに合わせて多彩なテーマを用意。

幼児期はインターナショナルスクールで「We are the World」をさまざまな国の子どもたちと肩組んで歌いながら過ごした。大学時代には1年間アメリカへ交換留学。「みんな違って、みんないい」「喜怒哀楽に国境はない」という価値観と信念を持つ日英のバイリンガル。

Yasuo Kanai

Senior Consultant and Coach

ドイツ系化学メーカーのマーケティングおよび人事部門に30年以上に渡って在籍。うち5年間はドイツ本社に。

2006年からキャニングに在籍。日本と欧米、いずれのビジネス習慣にも精通。
日本人を対象にしたビジネススキルのトレーニングは日本語で提供する一方、日本で働く外国人を対象にした異文化トレーニング(Working with Japanese Partners)は英語で提供。日本人と外国人が一緒に参加するチームビルディングセッションは英語で実施。業種、部署、キャリアレベルを問わず、さまざまなビジネスパーソンにトレーニングやコーチングを重ねてきた。

Heike Geiling, MA

Consultant

独 トリーア大学 フランス語文学・ドイツ語文学修士


コミュニケーション分野への深い造詣をもって「ダイバーシティ&インクルージョン」を推進する。

グローバルな環境に身を置くさまざまな国のビジネスパーソンに、実用的かつサステナブルなソリューションとして、トレーニングを提供。

数々の国際機関や企業で、コミュニケーション分野やマーケティング分野のリーダーとして活躍。経験のある業界は、食品、医療用具、メディア、行政組織と非政府組織、ヨーロッパの公共機関など。ドイツ、ベルギー、フランス、ルクセンブルグ、スペイン、スイスなど、さまざまな国籍のメンバーが属するチームと15年以上に渡って仕事をともにする。27カ国の人々からなる国際的なビッグプロジェクトをヨーロッパ各地でマネジメントした経験もある。

キャニングでは、このインターナショナルな経験を生かし、変化していく環境においても業績を絶えず向上させていく戦略をクライアントに提案。

思い入れの強いフランスには30年以上に渡って頻繁に足を運び、毎回1週間以上を過ごす。ドイツ語を母国語とし、オランダ語は基礎レベル、フランス語や英語、スペイン語は上級レベル。

Sapna Masih Advani, Ph.D

Consultant

印 インドール大学 動物学・英文学修士、英文学博士


インド、日本、欧米といったさまざまな文化圏における管理業務と組織文化に精通する。

2002年の来日以前には、インドで法人向けの研修コンサルティング会社「オルサコンサルティンググループ」を共同設立。多国籍企業の幹部を対象としてカスタマイズされた研修を提供。自らもトレーニングの現場に立ちながら、経営者として活躍してきた。トレーニングを提供した業界は、自動車、情報テクノロジー、金融サービス、製薬、接客、公営企業など幅広い。

日本では政府や非政府組織(NGO)で、インドでは世界的規模の米国ソフトウェアサービス会社で、コミュニケーションオフィサーを歴任。ほかにもインドの一流マネジメントスクールでは講師を務めた。

キャニングでは、文化を超えた働き方、コミュニケーションスキル、プレゼンテーション力、交渉力などを身に付けるためのトレーニングプログラムを提供。また、インド企業と日本企業の提携を支援するワークショップ「Working with Indian Partners」「Working with Japanese Partners」を提供している。

Hiromi Hirasawa

Sales Support

Ian de Stains, OBE FCIArb

Consultant

Sonny Louie

Corporate Trainer and Consultant

ご要望をヒアリングした上で、適切なソリューションをご提案いたします。

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム

お問い合わせ