サヴィル・アセスメントの「Saville Assessment Wave」は最高クラスの正確性を誇るアセスメントツール。キャニングは2012年より同社の日本における正規パートナーとなり、そのサービスの提供と普及に、尽力してまいりました。

個人と組織のアセスメントに最高クラスの正確性を。 3つのポイント

  • サヴィルのアセスメントは、世界中で広く利用されている29のアセスメントツールを比較した「エプソンレポート」において、最も正確性が高いと評価されています。最高クラスの正確性は、リクルーティングや次なるリーダー人選などに役立つベストの情報を提供し、エラーを最小限に抑える助けになります。受検者とその上司をはじめ、さまざまな対象向けに、目的に応じたレポートをフィードバックすることも可能です。

  • 能力、ポテンシャル、組織文化への適合性、タレント、モチベーション。サヴィルのアセスメントで明確化される情報の一例です。これらは採用活動や人材開発、人材の評価、後継者の育成、組織文化の改革、企業のコンピテンシーモデルの構築といった、さまざまなシーンで活きてきます。社内の人材が個々のタレントにふさわしい役割を手に入れ、着実に成長していく第一歩にも、当アセスメントは有効活用されてきました。

  • アセスメントのレポートは多言語で発行できるため、受検者はイギリス人、人事担当は日本人、上司はフランス人などと、使用言語が異なっても安心です。グローバルなリクルーティングにもストレスなく導入できます。アセスメントの生みの親であり、1970年代よりこの分野の一人者であるピーター・サヴィル教授は、2004年にサヴィル・コンサルティングを創業して以来、80カ国、35カ国語で当アセスメントを普及してきました。広く普及しているのは正確性の高さの証です。

レポート結果のサンプル

思考力、影響力、適応力、遂行力について

アセスメントの回答に基づいて出てくる「プロファイル エグゼクティブサマリー」。「思考力」「影響力」「適応力」「遂行力」の4項目を、それぞれ3つの小項目で細分化。計12項目で受検者の情報が提供されます。

サンプルを見る

潜在的な能力がわかる

「潜在的コンピテンシープロファイル」は、Saville Consulting Waveが世界各国から得たデータをもとに、国際レベルでのパフォーマンスと比較しながら、受検者の潜在的な能力を分析したレポートです。

サンプルを見る

受検者本人と、上司、同僚、部下らが全方位から評価

受検者本人とその上司、同僚、部下らの回答に基づく「Saville Consulting Wave Performance 360」。「問題を解決する」「人に影響を与える」「多様なアプローチを採用する」「物事を実現する」という各項目に1ページずつのレポートが提供されます。

サンプルを見る

ご要望をヒアリングした上で、適切なソリューションをご提案いたします。

お電話でのお問い合わせ

受付時間:平日9:00 - 18:00

お問い合わせフォーム

お問い合わせ